<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
メビック扇町閉館と今後   大阪日日新聞記事
クリエイター同士のネットワークづくり、クリエイターと企業とのつながりなど、ここ数年で確実に成果を上げてきた大阪市の施設、メビック扇町が来年春に閉館されることが決まりました。

私は独立前まで東京に住んでいたので、仕事のあてもない大阪に引っ越ししてきて独立したにも関わらず、すぐさま多くの仲間に恵まれ、忙しくも充実した日々を過ごすことができたのは、まさにこのメビック扇町のおかげです。

私以外にも多くのクリエイターに影響をあたえたメビック扇町閉館の波紋とその後に関した記事が、ここ数週間で、読売新聞、毎日新聞、そして昨日、今日と大阪日日新聞に取り上げられました。
今日掲載された「メビック扇町移転<下>自立への岐路」には私の言葉も取り上げられています。
今まで築き上げてきた「顔の見える関係」という資産をどう活かしていくのか。
自分たち自身の問題として考えながらも、これから年末まではつづくイベントや取り組みが充実したものになるよう自分なりに関わっていきたいと思います。

c0122646_19504885.jpg
c0122646_19505992.jpg

大阪日日新聞 平成21年6月23日、24日 掲載
[PR]
by langDesign | 2009-06-24 20:16 | press
6月の草花
今回は庭の草花です。
ラベンダーとチェリーセージ
c0122646_20221333.jpg


チロリアンランプ
c0122646_20223951.jpg

かわいい形と色。
つる性でフェンスに絡まって伸びていってます。


富良野ラベンダー
c0122646_20232277.jpg


富良野ラベンダーとレースラベンダー
c0122646_20234285.jpg


ローマン・カモミール
c0122646_2024216.jpg

リンゴのような甘い香りがします。

わたしはハーブティとか飲み物にハーブを入れるのはあまり得意ではありません。
パクチーやしそ、セロリ、クレソンのようにばくばく食べられるハーブが好きですね。
庭にはこれらのほか、たくさんのバーブが育ってます。
そういえばひまわりの背丈がこども達よりも高くなりました。
梅雨が空けたら花が咲くかな。

おまけ
ラベンダー畑
c0122646_20505038.jpg

富良野ではありません。
地元の山田池公園です。
[PR]
by langDesign | 2009-06-17 20:35 | photo
落ち葉の観察
c0122646_18322113.jpg


緑から茶色の変化が美しい。

見るだけでなく、カメラで記録。

落ち葉は写真に撮っておかないと、すぐに全体が茶色に変化してしまいます。
[PR]
by langDesign | 2009-06-15 18:37 | Design
タイクツなみつきくん
にいにいがあそんでくれなぁ~い
c0122646_172252.jpg

つまんないな~
c0122646_17221476.jpg

パパあそんでぇー
c0122646_17222266.jpg

[PR]
by langDesign | 2009-06-07 17:23 | Family
個展めぐり
今日は知人の展示会へ出かけました。

まず吹きガラス職人の佐藤圭太さんの吹きガラス作品展へ。

続いて書家の田面遙華さんの想書展へ。

お二人ともいろいろな素材をもちいたり
実験的な切り口で、クリエイティブな作品に挑戦していました。

技術を極めることはもちろんですが、
新しいことを創造していく取り組みも
また魅力的なことだなと感じました。
[PR]
by langDesign | 2009-06-06 16:14 | Exhibition
5月の草花
5月下旬のある日の雑草です。

ニガナ
c0122646_2113055.jpg


ブタナ
c0122646_2131845.jpg


ニワゼキショウ
c0122646_2134680.jpg
c0122646_214434.jpg
c0122646_2142166.jpg


シロツメクサ
c0122646_2144684.jpg
c0122646_2145491.jpg


楠葉 市民の森にて
[PR]
by langDesign | 2009-06-03 20:45 | photo
村上紙器さんのサイトが公開されました
先日撮影の様子を紹介しました村上紙器工業所さんの新サイトが公開となりました。

http://www.hakoya.biz/

サイトリニューアルにあたって念頭にあったことは3つあります。
ひとつは村上代表の貼箱に対する想いを素直に伝えること。
1つ1つの作品に対して村上さんが丁寧に解説していきます。
また村上さんが貼箱の魅力を伝えていくコラムも作りました。

ふたつめは村上代表が積極的に多くの人に会い
コミュニケーションを大切にしている日々の活動を紹介すること。
活動の様子はブログなどでリアルタイムに見ることができますし、
クリエイターとのコラボ実績も多い村上さんならでは企画として
クリエイターを訪問してインタビューしていくコーナーがあります。
もの作りにたずさわる方々にとっては、クリエイターの考え方がかいま見られる
とても興味深い内容なのではないでしょうか。

最後に貼箱のある空間を写真で見て感じてもらうこと。
ふんだんにイメージ画像を使い、
貼箱を使ってみたいと思ってもらえる雰囲気作りを目指しました。

半年間、村上さんと制作スタッフが
議論を続けながら一緒に作り上げたウェブサイトです。
ぜひご覧ください。
[PR]
by langDesign | 2009-06-02 20:30 | Design