貼箱制作ワークショップ終了しました
5月20日、このブログでも紹介してきました貼箱制作ワークショップが村上紙器工業所にて行われました。多くの人に貼箱の魅力や和紙、小間紙、洋紙の魅力、印刷加工のことなどを知ってもらうのが目的です。

箱の制作数もたくさんありましたし、和紙の種類も和紙商 河手さんのおかげで、数十種類もあった中身の濃いワークショップは、半日があっと言う間に終わりました。
c0122646_12593720.jpg

c0122646_1259212.jpg

村上紙器工業所 村上さんの指示のもと、どんどん箱作りが進められていきます。
参加者はコンベアのスピードにとまどいながらも、作業は真剣そのもの。

c0122646_1259565.jpg

箱を紙に貼り合わせる時には、ずれは許されず、集中のあまり息ができないとの声も(笑)

c0122646_1301464.jpg

紙を貼り合わせた後、おもしを載せてしっかり接着させる。


できあがった貼箱をいくつか紹介します。
c0122646_1316396.jpg

和紙を使った、和テイストの箱。藁の繊維がまじった紙や、
色和紙と疑似透かし紙(薬品を部分的に浸透させて、透かしのように見せる)を
貼り合わせて作った貼箱など、とても味わいのある箱になりました。

c0122646_1354123.jpg

一方、和紙と洋紙を組み合わせたりして作った、モダンテイストの貼箱。
キレのあるデザインで、いろんな使い方ができると思います。

c0122646_136418.jpg

とても人気のあった和紙の一つ。エレガントな模様が女性に大人気。
こんなかっこいい和紙もあるんですね。

ワークショップは、スタッフが準備を積み重ねた甲斐がありスムーズに進めることができました。箱作りの合間や交流会では、参加者どうしの交流もあり、終始よい雰囲気で終われたことをとてもうれしく思います。

ワークショップの模様は、村上さんのブログでも、詳しく紹介されていますのでご覧下さい。

参加者の皆さま、大変な下準備をされた村上さんをはじめスタッフの皆さま、ご協力ありがとうございました。そしておつかれさまでした。
[PR]
by langDesign | 2008-05-23 13:26 | Forum & Seminar
<< JAGDA in OSAKA ... 母の友6月号に童話が掲載されました >>