岩村操織布展 11/28より京都で
c0122646_14353730.jpg


独自の作風と技術で日本だけでなく海外にもファンの多いテキスタイルアーチスト、
岩村操の作品展をご紹介します。
テキスタイルに興味のある人はもちろん、配色や質感などグラフィックデザイナーの私でもいつも見応えがあります。


岩村 操 織布展

2007年11月28日(水)〜 12月9日(日)
京都「ギャラリーにしかわ」

自由な布
カシミヤ、シルク、ウールの鮮やかな糸たち。
自由に交じりあい、絡みあい
それぞれの個性を発揮して立体感あふれる
しなやかな布になりました。
シルクステンレス素材の不思議なベストも並びます。

岩村操プロフィール
1967年大和紡績デザイン室入社。
1973年、退社後フリーデザイナーを経て、独学で染織作品を製作。
以後、日本各地で個展開催。
また、ニューヨーク、ブルガリアで作品発表や
ワークショップ講師として参加。
染織雑誌や婦人雑誌で「岩村操の織り布」が特集・紹介される。
現在川島テキスタイルスクール非常勤講師。
著書:『プレーンウィービング』(2001年 文化出版局)
一光くんのおばあちゃんでもある
[PR]
by langDesign | 2007-11-18 14:40 | Exhibition
<< JAGDA 大阪展覧会 11/26〜 「はじまりは、教室」展開催中 >>