「はじまりは、教室」展開催中
20代のクリエイターたちが、大人が楽しめる教室を作りました。
触って、見て、聞いて、描いての来場者が参加できる展示会です。
また、来場者とともに作り上げていく展示会でもあります。
会場をのぞく度に、いろいろ更新されていってます。
最後にはきっと迫力ある空間になってることでしょう。
楽しみです。

c0122646_1038486.jpg

c0122646_10383088.jpg

c0122646_10384959.jpg


初日トークセッションでは、
教室からのライブ中継で作品説明という演出でした。凝ってます。
c0122646_1039218.jpg



「はじまりは、教室」展

原点にふれる、感じる展。あらためて気付き発見する展。

クリエイターのきっかけはいつだったのか?「描く」「切る」「貼る」「発表する」…。
美術や図工の授業をはじめ、さまざまな教科が現在の自分の原点になっているのではないだろうか。教科に限らず、落書きやいたずら、部活や行事なども、その「きっかけ」になっている。わたしたちは、「教室」を原点ととらえ、さまざまな教科に現在の自分を置き換えます。すべての創作物は手に取ってご覧いただけるほか、実験、体験など、ご来場の方にも参加していただけます。「原点を見つめれば、モノの本質が見えてくる」。クリエイターはもちろん、クリエイターでない人にも、何かを感じていただけるはずです。

この街のクリエイター博覧会実行委員 テーマ04コーディネイター
上瀬 正洋((株)アドフェッション)
北 直旺哉(キネトグラフ社)

展示内容は、手に取って共感してもらいたいもの、そして、持って帰ってもらいたいものがあります。さらに、来場された方々が参加し、日を追うごとに完成されていく展示もあります。また、毎日発行する【日刊はじまりは教室展“めばえ”】には、参加クリエイターの紹介や展示物の解説をはじめ、その日のギャラリーリポートも掲載予定です。初日から最終日まで毎日楽しめ(?)ます。
最終日まで目が離せません。

さらに、最終日には、来場された方々が創った“アートワーク”を発表、クロージングイベント“はじまりは、教室展の「おわりの会」”と題し、ワークショップを開催いたします。会期中、ギャラリー受付にて参加チケット(ドリンク&フード付き)を配布しております。こちらもふるってご参加ください。

展示期間:
2007年11月13日(火)〜11月22日(木)11:00〜21:00(土・日・祝日休館)

会場 メビック扇町 2F
入場料 無料

参加クリエイター(50音順)

粟田 健史(オフィス・トキノヤ)
今村 冬士(キネトグラフ社)
岩田 佑樹(バンタンキャリアスクール梅田校)
大西 ろか(DRIVE,Inc)
大西 涼介((株)クリード)
古上 正時((株)ファーストブランド)
齊藤 桃子(オフィス・トキノヤ)
富永 マサキ((株)ファーストブランド)
浪本 佳苗(ランデザイン)
福永 藍(スタジオエポック)
森 敬太(バンタンキャリアスクール梅田校)
撮影協力
福永 幸治(スタジオエポック)
[PR]
by langDesign | 2007-11-16 10:53 | Konokuri
<< 岩村操織布展 11/28より京都で とっておきプレゼン術セミナー >>