ばくすいしている弟
c0122646_12522497.jpg


「ばくすいしている弟」
三年 浪本一光

弟は、この前、めざまし時計がほしいと言ったので、古い時計に電池を入れました。
次の日に、時計がなったので、おきたかなあと思って二かいに行ったら、ばくすいしていました。弟に時計は、意味がないのかなあと思いました。だから、一かいから、お母さんが、
「みっちゃん、おきてきてや。」と言いました。
でも、まだおきないので、お父さんがむりやりおこしに行きました。そしてら、弟は、泣きながら下りてきました。
ほんとうは、おきていたけど、ふとんから出てきていなかっただけで、ゴロゴロしています。
[PR]
by langDesign | 2011-08-15 12:52 | Family
<< お気に入りの場所 姫の行動 >>